交通事故の慰謝料(請求側の話) 悩み 改善 解決法 情報商材 体の悩み

交通事故の慰謝料(請求側の話)

交通事故の慰謝料(請求側の話)記事一覧

後遺症がなくても慰謝料はもらえる?〜交通事故の慰謝料(請求側の話)でお悩みの方は...

慰謝料は後遺症がなくてももらえるのでしょうか?結論からいうと、もらえます。ただし、通院をしないともらうことはできません。交通事故で怪我をした場合、治療のために通院することになります。そのため、この場合は慰謝料をもらうことができますが、通院する必要がない場合だと慰謝料はもらえないのです。つまり、交通事...

≫続きを読む

 

交通事故の慰謝料って主婦だと少ないの?〜交通事故の慰謝料(請求側の話)でお悩みの...

主婦の場合、交通事故の慰謝料が少ないといわれていますが、本当なのでしょうか?結論からいうと本当です。会社員よりも少なくなると思っていいでしょう。どうして少なくなるのかというと、休業損害の部分で差がつくからです。休業損害とは、交通事故が原因で仕事を休むことによって受ける損害のことをいいます。そして、主...

≫続きを読む

 

交通事故の慰謝料には税金がかかるの?〜交通事故の慰謝料(請求側の話)でお悩みの方...

交通事故で慰謝料をもらった場合、税金が発生してしまうのでしょうか?結論からいうと、交通事故の慰謝料には税金がかかりません。交通事故で加害者から慰謝料を受け取っても、それは課税対象外です。慰謝料は仕事をして稼いだお金ではないので、非課税になります。そのため、交通事故で慰謝料をもらっても確定申告をする必...

≫続きを読む

 

交通事故の慰謝料の相場はいくら?〜交通事故の慰謝料(請求側の話)でお悩みの方は必...

交通事故の慰謝料の相場は入院期間や通院期間によって異なるので、その人によって違うと思ってください。自賠責法による慰謝料は1日4200円が支給され、これに治療期間を加味したものが相場になります。入院期間+通院期間と実通院日数×2の2つで計算して、日数が少ない方が採用されます。一例として、50日間入院し...

≫続きを読む

 

交通事故の慰謝料はいつもらえる?〜交通事故の慰謝料(請求側の話)でお悩みの方は必...

交通事故の慰謝料は、いつもらうことができるのでしょうか?できれば早めに欲しいところですが、もらえるのは一番最後です。これは治療期間や通院日数などが関係してくるので、全てが終わるまでは慰謝料を算出できないからです。そのため、慰謝料は示談が成立した時に受け取ることになります。ただ、治療費や休業補償はその...

≫続きを読む

 

交通事故の慰謝料を請求する方法って?〜交通事故の慰謝料(請求側の話)でお悩みの方...

交通事故の慰謝料を請求したい場合、まずはどのくらいの金額を請求するのか決めてください。多額の慰謝料を請求することもできますが、あまりにも相場とかけ離れていると、その金額が認められないこともあります。そのため、この場合だといったいどのくらいが相場になるのかを調べておいた方がいいです。請求額が決まったら...

≫続きを読む

 

弁護士を雇うと慰謝料が増える?〜交通事故の慰謝料(請求側の話)でお悩みの方は必見...

弁護士を雇うと慰謝料が増えるといわれていますが、本当なのでしょうか?結論からいうと増えます。これは3つある損害賠償額の基準の中で、弁護士基準が最も高額だからです。同じ交通事故の慰謝料でも、弁護士を雇った方が本来よりも多い金額を受け取ることができます。保険会社から提示された金額を鵜呑みにしてしまう人が...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ